tk38

年月日
2020年2月6日
100.2


竹夜叉なり
ナノマシンという言葉がどうも現実味を帯びてきているようなり。
極小デバイス内に記憶や情報などを蓄積し、一定の電気信号で人の記憶に呼び出させる、といった趣旨のものなりよ。
映画などではGPSをナノサイズにして人の体に埋め込む、といったものはよく見かけるなりが、
ここでいうナノマシンはレベルが違っており、パソコンにメモリディスクを差し込むように、それを人で代用しようというものなりね。
これは体に不自由がある人にとっては画期的な発明ではないなりか。是非実現させてほしいものなり。


ページの先頭へ